docomoから楽天モバイルに乗り換えてiPhoneを一番安く利用する方法

docomoの新料金プランのベーシックパックはヘビーユーザーには危険極まりないパケットパック

ドコモ(docomo)では、2018年5月から今までの、2GB、5GB、20GBなどと自分が使うであろうパケット量を決めて契約する、データパックを廃止し、新たに「ベーシックパック」というパケットパックを発表しました。

 

ベーシックパックとは、auが一足先に発表した「ピタットプラン」と同じようなシステムで、1GBから20GBまでをステップ1からステップ4に区切り、1GBまでを2900円、3GBまでを4000円、5GBまでを5000円、20GBまでを7000円とし使った分だけを支払うシステムのプランだそうです。

 

docomo,ドコモ,楽天モバイル,,料金プラン

 

ライトユーザーには朗報、ヘビーユーザーには危険なプラン変更なので注意が必要

 

今までのデータプランの場合、一番少ない通信量のプランが2GBからだったのが、1GBから利用できるようになったということが最も大きな変化だと思います。

 

 

今まで、2GBでも通信量があまってしまっていたようなライトユーザーには朗報ですね。

 

しかし、毎月データがギリギリで月末には低速通信になってしまっていたような人にはかなり危険なシステムではあります。

 

低速になると困るので節約しながら月末足りなくならないように日々の通信量を調節していたのが、低速にならずに自動的に次のステップに移動してくれちゃうのでついつい今までよりも通信量を使ってしまうという事も起こりうるのでは?

 

 

特に今まで2GBを利用していた人は使いすぎても次のステップは5GBで、1000円料金が上がるだけですが、5GBを利用していた人の場合、気付かずに使いすぎると次のステップは20GBの7000円で2000円も料金が上がってしまいますので気をつけなければならないですよ。

 

<従来の料金表>
docomo,ドコモ,楽天モバイル,,料金プラン

 

今までのようにあまったパケットを次の月に繰り越せない!使いすぎて5GB超えたら大損ですよ

 

しかも従来の定額制ならあまった通信量は次の月に繰り越せましたが、新しいプランの場合、繰越が出来ません。もし5GBを超えたことに気付かずに20GBのステップに入ってしまって、6GBくらいしか使わなかったとしても繰り越せないのに7000円も支払う羽目になるので怖いですね。

 

さらに、今まで20GBを契約していた人にとっては、6000円だった料金が7000円に値上がりしてますので、ヘビーユーザーにはあまり嬉しくない料金プランの変更になっています。

 

ただし、20GB以上のプランには今までどおりの料金の定額制プランも残っているので、20GB以上絶対利用する人にはそちらがおすすめですよ。
このプランなら繰り越せます。

 

docomo,ドコモ,楽天モバイル,,料金プラン

 

まとめ

今回のdocomoの通信料金プランの変更は1GBくらいしか通信を利用しないライトユーザーにはおすすめです。

 

例えば、小学校低学年のキッズスマホや、高齢者が利用するシニアスマホなどには利用価値がありますね。

 

しかし毎日SNSを利用したり、動画見たりするようなヘビーユーザーにはお得なところが見つからないと思います。

 

5GBまでの料金はまったく同じなので、5GBでいままで足りなかったけど、がんばって5GB以内で利用するようにしていた人たちにもっと通信量を使わせようとしているようにしか感じないです。

page top